SUITS season2

SUITS2|1話のネタバレ感想あらすじ!加藤ミリヤの演技の評価は?

2020年4月13日よりフジテレビ系ドラマ「SUITS season2」がスタートしますね!

大ヒットアメリカドラマ「SUITS」の日本版リメイクということでアメリカ版との比較を楽しんでいた方も多いのではないでしょうか?

織田裕二さんと鈴木保奈美さんの東京ラブストーリーカップルが再タッグということでも注目を集めましたね♡

第1話のゲストとして登場する加藤ミリヤさんは演技初挑戦ということで、その演技にも注目です!

という事で今回は【SUITS2|1話のネタバレ感想あらすじ!加藤ミリヤの演技の評価は?】のタイトルでお送りします。

SUITS2|1話の予告

  • 放送予定日:2020年4月13日(月) 21時~
  • 主演:織田裕二

アメリカの大ヒットドラマ「SUITS」の日本版リメイク!

SUITS2|1話のネタバレあらすじ

敏腕として知られる『幸村・上杉法律事務所』のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)とも再会を果たした大輔は、さっそく彼女を食事に誘った。だがそこに、甲斐のライバルでもある蟹江貢(小手伸也)が現れ……。

甲斐は、復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。

同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている『フューチャースカイ』の社長・三津谷聡(反町隆史)から呼び出される。そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。

大輔は、出版社を訴えた吉野麻帆がアルバイトをしている書店を訪れる。そこで事情を聞いた大輔は、麻帆に同情してしまい、和解交渉を進めようとする。

そんな折、思わぬ出来事が起きる。事務所の共同代表でもある上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死したのだ。かつて甲斐とチカは、上杉の弱みを握り、事実上、彼を事務所から追い出していた。復帰への意欲をのぞかせる上杉。それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだった――。

SUITS2|1話のゲストは加藤ミリヤ

SUITS2の第1話には加藤ミリヤさんが日本人スタッフ役で出演します。

演技初挑戦ということでどんな姿を見せてくれるのか今から楽しみですね!

何でも歌手としての役どころということで、等身大で演じられたと語っているようです♡

SUITS2|1話のネタバレ感想

こちらにはSUITS2第1話の感想について随時追記をさせいてた抱きます♡

まとめ

今回は【SUITS2|1話のネタバレ感想あらすじ!加藤ミリヤの演技の評価は?】のタイトルでお送りしました!

織田裕二さんの長年のキャリアの中でもシリーズものというのは初挑戦だそうです。

人気シリーズの第2段ということで、視聴者からどんな反応が寄せられるのか注目ですね!

ABOUT ME
SAE
こんにちは! 当ブログにお越しいただきありがとうございます。 2019年に息子が誕生したばかりの新米ママのSAEと申します。 このブログでは、毎日のちょっとしたひとときを楽しく過ごすための気になる情報や話題をお届けしています。 個人的な感想も交えつつ、いろいろなジャンルの情報を掲載していきますので楽しんでいただけると嬉しいです♡